06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

携帯不感地帯 

高知県が山深い地域なのは皆さんご存知の通り。
そういう場所では携帯の電波は立たず、
無線にいたっては山の稜線に遮られるとその先には通じません。

すると、どうなるか?

ヘリでそういう場所に入ると、情報司令塔である基地病院内のCSさんとコミニュケーションがとれなくなります。
孤立した場合に頼りになるのは、現場に向かっている救急隊しかありません。
救急隊はその地域を熟知しているので頼りになります

現場の場所と目印
傷病者情報
到着までの予想時間
ヘリコプターが着陸可能な、少し開けた場所の選定
近隣病院

さまざまな情報をもっている現場救急隊とは、その上空までヘリがいければ消防無線でコンタクト可能です。
医師・看護師を傷病者と早期に接触させるため、協力し合います。

この場合、重症か軽症かなんていうのは接触までだれもわかりません。
アンダートリアージ(実際の重症度・緊急度よりも軽く認識すること)はむしろ罪であるとさえ言われます。

そのような共通認識をみんなでできて初めて、有用な処置が現場で繰り広げられることになります。

昨日は有用な処置を現場から開始することができ、とてもいい活動ができました。

末梢静脈路からの初期輸液療法
気管挿管
開胸心臓マッサージ
心嚢開窓
横切開による右開胸で緊張性気胸解除
肺裂創による活動性出血の制御(肺門での回転術)

これができたのはすべて、時間を大切にした結果なのだと思えた症例でした。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/06/06 Mon. 00:12 [edit]

category: 事案

TB: 0    CM: 3

06

コメント

ありがとうございます。 

早速のお返事ありがとうございます。こちらもリンクを貼らせていただきます。よろしくお願い致します。

URL | 水戸済生会BLUE DRAGON #xgZLqsjc | 2011/06/07 14:21 | edit

Re: 初めまして 

> これを機会に相互リンクしませんか?よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。早速リンク貼らせていただきますv-218

URL | ゆーいち #- | 2011/06/06 23:25 | edit

初めまして 

初めまして。この度は当センターブログへのアクセスありがとうございます。
当センターはブログ更新がなかなかうまくいかず、少しずつの更新をしておりますが、情報交換できればと思います。

これを機会に相互リンクしませんか?よろしくお願いいたします。

URL | 水戸済生会BLUE DRAGON #xgZLqsjc | 2011/06/06 14:45 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/69-5a86757a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list