06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

輸送艦「くにさき」 

外はなかなかいい天気だったようですが、我々は輸送艦の船底に一日おりました。

高知県総合防災訓練がさる日曜日に行われ、輸送艦にきていただき自衛隊との合同訓練。
海上自衛隊、陸上自衛隊とJRREX、海上保安部、など各機関から集結し、洋上から救出された傷病者役の方々をトリアージしては応急治療して、さらなる遠方への医療搬送を行うべき人を選別して…と艦船のゆるやかな揺れのなか、一生懸命訓練してきました。

やはり、普段一緒に働く病院内とは違い、異なる施設内で異なる職種のかたとの連携は勉強になりました。
とくに連携と情報通信は重要です。
普段から救急のコースなどにでていると他の病院の方とは名前も気心もしれている場合もあり、このようないろんな病院で集まっての救急処置や連携はやりやすくなりますね。

また、ここは沿岸から16km以上離れた高知沖なので、携帯電話の電波は通じなくなります。衛生携帯電話ももってきましたがこの船内では衛星をとらえることもできず。そんな面では実際も苦労しそうです
訓練の間にそのような問題をみつけ、本番までに解決しておくあるいはその糸口だけでも解っていれば、臨機応変な対応も可能になるかも知れません。

船の上の甲板では、ドクターヘリや消防防災ヘリ、高知県警察ヘリ、チヌークなどが何度も離着陸し、ホバークラフトのLCACも出動していたようですが…そんな華やかな舞台はここからはみることができませんでした。でも、噴き出た汗が塩になるのがわかるくらい連携作業して、次につなげられる良い訓練になりました。ありがとうございました。

DSCF1057.jpg
車両甲板での臨時医療救護施設の展開。ベッドごとに番号が付けられたマットやエアドームテントが自衛隊により用意されていました。さすがです。

DSCF1055.jpg
傷病者観察と緊急処置。傷病者役は高知県立大学の学生さんが多数参加していただきました。白熱の演技、お疲れ様でした。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/08 Mon. 20:36 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/525-2dbd8830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list