07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

消防学校、救助科とのコラボ 

本日はドクターヘリ活動とはあまり関係ない内容をお届けします。

いつもお世話になっている高知県消防学校さんでは、現在救助科の生徒さん達が入校中です。
そんななか、当院DMAT隊員が実習をお手伝いにいってきました。
CSRM訓練です。

DSCF0059.jpg
 ホワイトボードを一緒にみながら活動方針を確認。

普段は医療側スタッフと顔を合わすことの少ないレスキュー隊員ですが、こういう訓練を通じて顔の見える関係になっておくというのはいざというときに役に立ちます。
CSRMというのは狭隘空間における救助と医療のコラボレーションのことになります。

DSCF0035.jpg
瓦礫救助においてこのような狭い空間へはいるには、それなりの安全管理と手順の理解、しっかりとした指揮命令系統ができていないといけません。現場ではDMATは消防の管理下にはいるわけですが、得に医師・看護師が瓦礫の中に入ることはかなり希なことです。今回は、国際緊急援助隊が使用している、救助現場に入るためのチェックリストを活用しました。
簡単にはいるわけではありませんが、傷病者の状態によっては救助前に医療処置が必要になることがあります。いわゆるクラッシュ症候群などがそうですが、輸液処置や薬剤投与、急変対応ができるようにモニターしておくことで突然の致死性不整脈にも十分な対応ができるようになります。

DSCF0048.jpg

高知県のなかでも、中央医療圏の高知市以外の人数が少ない消防では、救急救命士であっても救助活動や消防活動をする必要がある場合もでてきます。今回の入校者にも、普段はJPTECや救急搬送でお世話になっている方々がおりました。

DSCF0043.jpg
これはパーシャルアクセスです。腕しか出ていない場合でも傷病者の評価は結構できます。医療処置についてもやれることを行います。

DMATだからといってかならずしも全隊員がこのような活動が出来るわけではないので、いつかの時のために日々訓練あるのみです。

そして本日は4件のヘリ搬送
1件は重複要請となってしまいましたが、定期点検が終了して復帰した防災ヘリ「りょうま」にお手伝いいただき、喜多村センター長がピックアップされていきました
久しぶりの防災ヘリ搭乗にどっきどきだったようです。

高知県は昼間は日差しが強く、すでに夏のような暑さ。これからは梅雨に突入ですね
DSCF0069.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/29 Thu. 17:58 [edit]

category: つれづれ日記

thread: 高知(土佐)  -  janre: 地域情報

TB: 0    CM: 0

29

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/486-c15e7c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。