10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

予想外。 

ドクターヘリ要請!そして高知医療センターから、エンジンがうなり声をあげるドクターヘリへと続く、青い道。
IMG_0929.jpg
変化に富んでいて判断が難しい症例がつづきましたね。
【1例目】意識障害
既往歴からてっきり、低血糖による意識混濁かとおもいきや…血糖値は正常。聴診したらはっきりとした左右差があって左が聴こえない?超音波の機械をあててみると左だけに胸水が大量にたまっていて、血圧もなんだか低くて橈骨動脈も触知できず。近隣病院におまかせできる状態でもなく当院に帰り精査すると、胸腔穿刺で白く混濁した胸水が
膿胸による敗血症性ショッックでしたか。
これは、現場での聴診という基本的な理学的所見から導きだされた原因。これはべつにドクターヘリでなくても、あるいはレントゲンを撮影するまえに、医師なら普通に行う所見の一つなのかもしれません。
それにしても、意識障害の原因検索が聴診からはじまるとは。意外なアプローチ方法でしたね。

【2例目】単独交通外傷
右車線をはしっていてカーブで擁壁に衝突!「ゼンブが20cmほどへこんでいて意識もうろう、頭部外傷疑いで脈拍130回」
さらに、ランデブーポイントのヘリポート近くで聴取した追加の無線内容だと脈拍が70回だという。
「ゼンブ」を、全部だと思い込み、車のあちこちがべこべこになっている現場車両と、ショック状態で脳ヘルニア徴候がでている傷病者を想像しながらヘリポートに着陸して救急車内へ
 そうです、ご察しのとおり「前部」だけが凹んだ車両だったそうで、写真を見せていただいて初めて気がつきました。たしかに…。そして目立った外傷もないのに強い意識障害あり。
搬送にうつると、数分おきに心室性不整脈かとおもえるような波形が出現。…心房粗動か?
MRI撮影すると、やっと病態把握もできて原因判明。そうですか、脳梗塞による失語ですか…無線の言葉違いも気をつける必要がありますがそれにしても予想外の想定って難しいですよね


撤収時刻ですよ〜、夕日にむかって、どこみてるんですか??
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/19 Mon. 00:10 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/484-4c76900d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。