04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

車両事故におけるアプローチを学ぶ 

ドクターヘリ・ドクターカーで病院前活動を行う際にときどき出くわすシチュエーションに、車両の交通事故現場があります。事故車両内に閉じ込められた外傷受傷者の救出活動を救助隊は行うわけですが、傷病者の状態にあわせたアプローチが必要でそれを考慮しながら作業しないと、車両から出したはいいけどいつのまにか心臓が止まっていた、ということにもなりかねません。

これを考えるのがACCESS COURSE。そのために、車両への近づき方、車両固定から窓ガラスの破壊やドアの開放・屋根の開放などの傷病者にアプローチする手段も基本手技のなかで学びます。

先週末に、米海軍佐世保基地での第4回ITLS ACCESS COURSEが開催されました。
当院からはフライトドクターの野島医師が受講。米軍基地の中での研修ということでわくわくしながら望んでいました
レシプロ・ソー(いわゆる電動ノコギリ)での車両切断など、普段しない手技にとまどいながらも救助隊のアプローチ方法を学び、普段の連携業務に活かせる知識を得てきたようです。

ありがとうございました。

l_c8e3108b7ca812586d20f147eb55e65c0a4ba5d8.jpg
最後に撮影した集合写真。(注)後ろの米国消防車両はコースとは関係ないです。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/27 Sun. 14:43 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/482-23a1d6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。