04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

海の救急は118 

今日は防災ヘリ「りょうま」も活躍

海上で具合が悪くなった場合、みなさん、どうされますか?
携帯電話が通じるような場合でも119では救急車は海の上まではいけません。
こういうときは海の救急118に連絡をすると、海上保安庁が動いてくれます。

高知県は地図をみるとわかるように、南側をすべて太平洋に囲まれています。漁業や海釣りも盛んなので、船上あるは渡船で送ってもらった岩場などでの要請もあります。岩場から渡船に移るときに船との間に体幹部を挟まれたり、もちろん内因性の意識障害などの重症例も。

高知県は第5管区海上保安本部の担任水域にあたりますので、ヘリ要請となると岸から遠い場合は関西空港から飛んできてくれます。では、岸から近い場合は…?高知海上保安部消防防災ヘリりょうま高知医療センターの協働作戦となります。高知市内の他の救命救急センターももちろんあるのですが、こういう場合に当院が深く関わるというのは、屋上ヘリポートがあってアクセスしやすいというのと、普段からの連携の賜ではないかと思うのですハードとソフト、両方が必要なんですね。
これにドクターヘリの運用も関わってくるのですが、適材適所できるように工夫するのが当基地病院の特色ですね

IMG_0365.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/10/27 Sun. 11:09 [edit]

category: 顔のみえる関係

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/462-f7783157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。