09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

海上保安庁との訓練と潮まみれのアンパンマン 

あそこに見えるのが、高知海上保安部の巡視船「とさ」
CIMG4134.jpg
着艦に狙いを定めたときの一枚です。同乗しているDMAT隊員の気分も引き締まります。

本日は高知県総合防災訓練として救急医療活動訓練のひとつに参加させていただきました
朝からぐずついた天気で雲も低く、ヘリが離陸できるのか心配でしたし、海上の波も2-3mとうねりを伴っているらしく着艦も難しいのではと半分あきらめていましたが、天気は落ち着き海もわりと穏やかで、訓練可能との連絡が

災害に備えて、普段あまり搭乗することのないDMAT隊員を訓練のたびに乗せていくように、今年度から行っております。
かくいう私も、実は巡視船への着艦訓練のヘリに搭乗するのは初めて

操縦はパイロットにお任せですが、周囲の安全は後方キャビンからもお手伝い。
傷病者側からの感想では、ヘリの前部にあしらわれているアンパンマンが徐々に近づいてきて、とても頼もしくみえたそうです。
一発できれいに着艦できました。
お見事です。ヘリの足を固定され船上で揺れても動かないようにしていただきます。

ここからはわれわれの出番。
当院の救命救急センター長が扮する、ショック状態の傷病者を観察して処置を施していきます。見事な腹部膨隆を演技され、観察するDMAT隊員もたじたじエコーからも腹腔内出血の診断でヘリに収容です。

訓練中は本要請もなく、無事に終えることができました。
奈半利沖での訓練でしたが、他にも自衛隊の「おおすみ」へのLCACによる負傷者収容だとか、陸海空の自衛隊ヘリ、県警ヘリEC-135、高知県消防防災航空隊の「りょうま」による海上漂流者のつり上げ救助訓練だとかが奈半利や室戸のあちこちで行われていました。
地上からも当院のDMAT隊員が投入され救護所治療にあたっていました。

一仕事を終え、海上での飛沫を浴びたドクターヘリは、エンジン洗浄して次の搬送に控えます。整備士さんによる、このようなマメなお世話がアンパンマンをいつまでも元気にしていてくれるんですよね
CIMG4145.jpg
みなさん、お疲れ様でした。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/02 Sun. 19:58 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/440-63a238ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。