05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

OJT 

春です。
職場に新しい風が吹いています。

ドクターヘリの研修ではOJT(on-the-job Training)という方法で新人さんを指導します。
一般的に企業でもされている方法です。

①やってみせる→②説明する→③やらせてみる→④フォローする、というものです

現在、4名(うち2名は3年目の後期研修医)がその対象ですが、2年目の研修医も1名、見学のかたちで搭乗してもらています。
まだ①から②の段階ですね。

通常、研修医というのは朝早くから日が沈むまで病院のなかにいて
外来で患者さんの診療をしたり、
光といえば無影灯だけの手術室で一日中、手術にむかいあっていたりと
太陽の光とは無縁の世界です。

ところが、当院のようにヘリ活動あるいはドクターカー活動をしているところでは
病院前の活動に参加できます。
これは通常の医師はあまり経験することのないことではないでしょうか?
私は救急の世界に足を踏み入れるまでは、手術室で昼をすごしていたので、
太陽の下で挿管したり開胸したりする経験はありませんでした。

救急隊がどのように傷病者と接触して、評価し、病院に連絡しているのか?
現場活動にどのような危険や可能性が潜んでいるのか。
早期に医師が接触することでどんな治療を施せるのか、その効果は?

将来的にどんな科に従事するとしても
そういうものを学ぶのもその後の診療に役立っていくものと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/05/07 Sat. 20:01 [edit]

category: 救命救急スタッフ

TB: 0    CM: 2

07

コメント

Re: No title 

> こんばんは。質問ですが、OJTに限らず、研修で最初に習うことは、挿管なんでしょうか?

こんにちは。
「研修」の内容にもよりますが、どんな研修であっても最初にならうのは挿管などの手技ではなく、
その職務に対する姿勢や考え方だと私は思います。
その理念に沿って、手技を学ぶべきかな、と。

URL | ゆーいち #- | 2011/05/08 08:23 | edit

No title 

こんばんは。質問ですが、OJTに限らず、研修で最初に習うことは、挿管なんでしょうか?

URL | 高校生のご意見番 #GV7kq/BI | 2011/05/07 21:22 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/34-202e8659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list