03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

現場挿管の判断と麻酔薬 

頭部外傷で意識障害!
ドクターヘリで要請され、このような傷病者がいたときはなんらかの現場処置が必要になることがあります。
例えば…いつ呼吸状態が悪くなるかわかったものではありませんので、搬送にあたっては現場処置ととして、口から気管まで管をとおす、気管挿管が必要になることもあります。
それには、麻酔が必要な場合もあります。

先日は引き継ぎ離着陸場ですでに待っていた救急車にスタッフが乗り込んだところ、体重がやけに大きなことにすぐ気づき、おそるおそる聞いてみると、なんと100kg以上…
体重が大きいと、薬がなかなか効きにくいことがよくあります。

手持ちの鎮静薬をさまざま使用してもなかなか眠ってくれず、一苦労してやっと挿管されたそうです。
その前の挿管判断などの問題もあるかもしれませんが、
ほかのドクターヘリ基地病院の皆さんはこんな体格のとき、なにか工夫されていますか?

プレフィルドシリンジのプロポフォールなどはどうだろうか、という意見もスタッフ間ではでましたが、持ち出しや保存方法の関係などで検討中です
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/11/29 Tue. 17:25 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 2

29

コメント

Re: うちの事例 

そうですか。
でも麻酔なしで挿管することは時々あります。それほど、重篤な状態であることが多いので。
情報提供、ありがとうございました。

URL | ゆーいち #- | 2011/12/05 17:14 | edit

うちの事例 

先生が麻酔無しで挿管したことがありました。体格の問題ではなく、麻酔がなかったからだったと思いますが、私はPなので詳しいことは分かりません。学会で事例紹介すると聞きましたよ。
どこ病院の先生とかは書かない方が良いですよね?

URL | 犬 #- | 2011/12/05 07:08 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/245-a856e3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。