09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

医療と消防の連携訓練in高知市 

ここは土佐電気鉄道さんの桟橋車庫。いつになく、救急車や消防車、ドクターカーが一同にあつまり救助救急活動を行っていました。多数の傷病者があふれています。

バスが電柱に衝突して落石をうけ、多数のけが人がいるとの想定で、高知医療センターからもドクターカーが出場しました!
DSC_2168.jpg

救助された傷病者は、緊急度別にトリアージされ赤、黄、緑の色のシートにふりわけられます。
むこうに見えるのは軽症の緑シートです。
DSC1_2253.jpg

「ここは痛くない?」胸部は外傷のなかでも特に緊急度の高い病態が隠れていることがあります
DSC2_2270.jpg

すぐさま治療が始まります。
救急医療は現場から救急隊と連携してバックボードを差し込むのは本間先生。
DSC4_2321 (2)

意識障害があり、エコーでお腹に大量出血がみつかりました。酸素化を十分に保つため、頸椎保護しながらの気管挿管を試みます
DSC3_2321 (1)

まだバスの車内に二名、落石により閉じ込められた傷病者がいるとのこと救助に時間がかかるそうで、やむを得ず現場への医療を介入させます。安全は消防が確保してくれています。
DSC5_2380 (1)
バスに乗り込む市來先生

医師による緊急処置を行い、安定した傷病者をバスから救出舟形担架で救助隊が運び出します。さすがに手慣れています。
DSC6_2231.jpg

再評価を行い、病院選定。「これはウチに運ぼう
DSC7_2380 (2)

こちらも気管挿管が行われました。外傷現場で心肺停止に陥る原因の多くが気道の問題だと言われています。出血などによる気道閉塞などを解除するにはこのような積極的な処置も必要です。
DSC8_2407.jpg

指揮車、ポンプ車、タンク車、救助工作車、救急車、ドクターカー、と消防と医療との連携訓練にたくさん集合されました。そして土佐電気鉄道さんのご協力で今日もいい訓練になりました。
DSC9_2423.jpg
みなさん、お疲れ様でした。
(今日の写真は広報係の尾崎さんが撮影してくださりましたありがとうございます。)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/10/11 Tue. 19:22 [edit]

category: 訓練

TB: 0    CM: 1

11

コメント

訓練 

明日は、海保との合同訓練ですね。このところの想定外の災害が多いのをみると、一回の訓練が下地となって活かされていくことと思います。皆様、頑張ってください!

URL | よっち #- | 2011/10/12 23:25 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/215-01fab1a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。