08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

さまようマーゴン、高知上陸せず 

台風6号(マーゴン)、高知まで上陸しませんでした。
まっすぐ進んでくると思いきや、くるっと進路を東に変えて和歌山方面へ。
高知県は台風の西側にはいってしまたので、1000mm以上の降水量を記録した馬路村や魚梁瀬(やなせ)もあるものの、高知市内は予想よりも被害が少なかったようです。

それもこれも、迷ってゆっくりすすむマーゴンのせい。

ヘリで現場にいったとき、どこまでどう処置をしようか、その病態や搬送の判断は本当にいいのか、など迷うことは多いのですが…、様々なことで迷ったとき、みなさんはどうされていますか?
以前の消防防災ヘリ“りょうま”の場合に現場にいくときは、「消防防災ヘリのドクターヘリ的活用」として、ほとんどの場合は医師ひとりで航空隊隊員とともに搭乗していました。それを始めた最初のころは、航空隊隊員が救急隊員あるいは救助隊出身とはいえ協働した活動はなかなか難しい…と思えるときもあったのですが、それは私の未熟さもあったのでしょう。回数を重ね隊員研修を繰り返すことでともに勉強しあって、ドクターヘリが導入される前にはだいぶ(おそらくお互いに)頼りになり、拠り所にさせてもらう関係となりました。

迷ったとき、同意して背中を押してくれる仲間がいる。
防災ヘリであれば航空隊隊員、
ドクターヘリならフライトドクターの背中を押してくれるのはフライトナースでしょうか。
ではマーゴンの場合は…?

しかも年度を越えての、その信頼の継続となると難しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/07/19 Tue. 23:44 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 2

19

コメント

Re: 台風マーゴン 

> 本当に上陸しなくて良かったですね。

格納庫のないドクターヘリ運航基地病院は大変だったと思います。
高知県ドクターヘリは、いまもどってきているところで飛行中です。ただいま、室戸上空だそうです。

URL | ゆーいち #- | 2011/07/20 15:23 | edit

台風マーゴン 

本当に上陸しなくて良かったですね。高知県の一部を除いて因みに愛知医大のドクターヘリも愛知県に台風マーゴンが接近して来るため名古屋飛行場に避難しました。ヘリは先程愛知医大に帰還しました。

URL | ドクターヘリ大好き #hChi9nWY | 2011/07/20 14:26 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://drheli.blog55.fc2.com/tb.php/126-33218d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。