04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

OJTな日々 

フライトスタッフの育成に悩まれている基地病院はたくさんあるのでしょうが、当院もその一つです。
隊員とかスタッフとか、その業務の専門家になったとしても、人生の転機や異動などがあり永遠に同じ人がそれを継続することはありません。
時代は移り変わるものです。

なんだかしみじみしてしましまいましたが、当スタッフもこの春に入れ替わりが幾人かあり、それに伴ってフライトスタッフの育成を行っています。私も育成の一人となり知っていることをすべて教えるつもりで関わっています。
通常のフライトは三人まで。正規のフライトドクター、正規のフライトナースに加えて見習いとしてのOJTがひとり入ってきます。

離陸前の確認もこのとおり

海岸線を眺めながら、本日も行ってきます
CIMG4115.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/31 Fri. 07:08 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 0

31

平成24年度高知県ドクターヘリ事業集計! 

高知県ドクターヘリ運航調整委員会が5月8日に行われ、2012年度の事業報告がなされました
昨日は高知新聞にも掲載され、話題を呼んでいるのではないでしょうか?

*******************************************
要請件数 532件

出動件数 450件
 現場出動    229件
 施設間搬送   197件
 出動後キャンセル 24件

未出動件数 82件
 時間外要請   28件
 天候不良    22件
 重複要請    13件
 出動前キャンセル 7件
 その他     12件

診療人数 430人
基地病院以外への受け入れ人数 67件(他施設受け入れ割合 15.58%)
*******************************************

施設間搬送はあいかわらず多いのですが、これは去年と数がほとんど変わらずでした。現場搬送は去年よりも50件ほど多くなっており、まだまだ増えていきそうな気配です

重複要請、すなわちある事案にドクターヘリ対応中にほかの事案要請が重なって入った場合ですがもちろんからだはひとつですので対応ができない場合があります。
でも高知県には消防防災ヘリ「りょうま」が控えており、山岳事案や溺水事案に迅速にかけつけ、つり上げ救助が可能なわけですが、このような重複事案にもその威力を発揮
2012年度は防災ヘリの運休期間が長かったのですが、それでも43件の出動をしていただき、この重複要請13件でもそのなかの12件で協力していただいています。
これは高知県の特徴なのかもしれません


要請待機時刻が過ぎ、黄昏れの高知医療センターと高知県ドクターヘリ

Posted on 2013/05/10 Fri. 18:45 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 0

10

ならんだ操縦桿 

ここのところ、このような風景が前席にみられています。
CIMG4091.jpg
操縦桿がふたつ…?
ドクターヘリの場合は、パイロットの隣には副操縦士はいません。整備士がいますので操縦桿がふたつならぶことはないのですが、数日前から、あたらしく加わったパイロットの一条さんのOJTのためにこのような仕様になっています。
もう数回の搭乗で、あとは審査がはいりそれに合格すると晴れて一人前ということに。

自動車教習所で教官が踏むブレーキのような物ですね。
我々にとっては見慣れない光景でした。
よろしくお願いしますね!

Posted on 2013/05/02 Thu. 23:14 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 2

02