07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

空はどんより、海はくっきり 

一昨日の海。これから急患に向かうところですが…
CIMG3132.jpg
台風通過に伴って入り込んできた湿った空気の影響で、四国山地の南側に位置する高知の海は雲がたまって、こんな感じ。
それでも、タイミングをみはからってのヘリ搬送は二件こなすことができました。

ところが海はくっきりと二層に色づき、その境界線をさっと撮影。
空からでないとなかなかこんな眺めはみられません。

ここは仁淀川の河口周辺になります。左側が河口にちかいほうで、よぉ~っくみるとにごりがまじっているのがわかりました。雨で増水した河川から流れ出た土砂が海に混じり、海の色を変化させているのだとわかりました。
また海と違って川の温度は冷たいです。高知の子供達はそんな川遊びに慣れているのですが、そんな海と川の温度の差も、境界線を際立たせている原因になっているのでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/08/31 Fri. 07:02 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 1

31

待ってました。 

去年はドクターヘリの自由研究をされていた小学生がいらっしゃいましたが、皆さん覚えてますか?
そして6年生、最後の夏の自由研究に選んだテーマは「災害医療」との関係だったようです。

ヘリに興味をもつ内容というのは、その飛ぶ仕組みであったり、機械のかっこよさであったり、空であったり、高いところからの眺めであったり、いろいろだと思いますが、
その中でドクターヘリの仕事に興味をもつなんて素晴らしいと思いました。
そして着眼点は災害医療。
みんなが、なんとか上手な運用ができないものかと悩んでいる、まさにその問題に真っ向から取り組む姿に感動です。

そして形にするということが大事です。

なかなかできないことだと思いますし、いい夏休みの経験になったのではないでしょうか?
スタッフ一同でじっくり見させて頂きますね。
この場を借りてお礼を述べさせて頂きます。ありがとうございます
CIMG3136.jpg

Posted on 2012/08/30 Thu. 17:51 [edit]

category: ヘリの仕組み

TB: 0    CM: 0

30

涙でにじまぬように 

お盆休みも終わり、朝晩は心持ち涼しくなったようなきがします。
でも昼間はまだまだ日差しが強く、高知では川遊びがさかんです。
ヘリポートは河川敷につくられていることが多いのですが、すぐそばで遊ぶのはやめましょうね、急にヘリが下りてくると、思わぬダウンウォッシュをうけてさざ波が立ちますよ~

そして、遊びが多くなると、残念ながら事故も多くなります。
この時期は水難・溺水事故が多く、先日からほぼ連日そのような事案が立て続きにおきています。

サーファーが沖に流されたり
 川ですべって流されうつぶせで見つかったり
  シュノーケル中の溺水や
   姿のない溺水者の通報や…。

運良く助かる方もいれば、残念ながらそうでない方もいます。
清流・四万十川の透明な水でも、溺水となれば重篤な肺炎になります。

要請があればどこにでも行けるドクターヘリですが、万全ではありません遊ぶときは目を離さないようにしてくださいね。きれいな川ですが、はしゃぎすぎて無理をしないように。

自宅まで家族みんなが笑顔で帰れますように
きれいな川が涙でにじまないように。

今週末は二日間ともヘリ当番で病院につめていますが、そんなことを祈りながら待機しております。

CIMG3085.jpg
土佐ブルー仁淀川河口


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted on 2012/08/18 Sat. 18:06 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 0

18

雷雲とドクターヘリ 

CIMG3086.jpg

暑い夏が続いていますが、夏バテなどしていないでしょうか?
高知の海では積乱雲が発達して、毎日毎日、雷注意報が発令されています。夕方には急にぴかっと光ったと思いきや激しい雨に見舞われたりすることも。南国土佐らしい夏の気候ですね

では飛行中のドクターヘリに雷が落ちたら、どうなるのでしょうか?
そもそも、飛行しているヘリに雷がおちるのか?

四国航空さんに聞いたところ、ヘリにも雷はおちるようです。

ヘリコプターの4枚の羽根の先には、尖ったものがついていてローターの静電気を逃す役目を果たしているようですが、雷の電気を逃すほどではないということで、被雷した場合は機体としては計器が故障することもあるらしいです。
雷雲が近づいているようなときは離陸はさけるようにしていますし、飛んでいるときもそのような雲は避けて飛ぶようです。

この午前中に遠くに見えた積乱雲も、高知の焼け付く日差しでどんどん発達しそうな勢いでした。
今日はヘリ当番。
どうか雷が落ちないように、お願いします

Posted on 2012/08/17 Fri. 18:46 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

17

美味しい水 

暑くて汗がだらだら出ます。
現場出動の可能性があるドクターヘリスタッフは、基本的に消防と同様に長袖でのフライトスーツとしています。
そんななか、海でおぼれていた傷病者にヘリ要請がかかりました。
傷病者は二名!とのことでドクターヘリに加えて防災ヘリも要請となり、一時は騒然となった現場。
ドクターヘリもピストンで休む暇がありません
汗も、どこからそんなに出てくるのかと思えるほどに湧いて出てきます。

そのとき、気を利かせてくれたのはドクターヘリの整備士さん
2012081311430001.jpg
暑くてしんどいのは」みんな同じはずなのに…笑顔でペットボトルを差し出してくださいました。
実は、ヘリだけではなく我々の身体も整備してくれていたのでした。

美味しくいただきました。

Posted on 2012/08/14 Tue. 21:13 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 0

14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。