06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ぐんまちゃん、ドクヘリ同乗 

先日、前橋赤十字病院の町田先生からいただいた「ぐんまちゃん」ですが、このたびドクターヘリに面会することが叶いました。まずはご挨拶
CIMG3062.jpg
ポニーをモチーフとした群馬県のマスコットとして、現在各地のドクターヘリに分散増殖中のようです。
アタマにかぶっているのは帽子?でしょうか。
高知にも「かつお人間」とか「くろしおくん」というキャラクターがありますが、ここまで持ち運びしやすい大きさのぬいぐるみは見たことがありません。「かつお人間」さんはもう少し大きくて、持ち運びには困るので私の車の後部に鎮座しています。

ということで、ヘリのお守りのそばにつけてみました。こんな感じ
CIMG3063.jpg
すっかりなじんでしまっています。

いつも応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Posted on 2012/07/26 Thu. 18:51 [edit]

category: ヘリの仕組み

TB: 0    CM: 2

26

前橋赤十字病院とのコラボ 

昨日、今日は出張にいっていました、齋坂です。
立川(たちかわ)にある災害医療センターまで災害関連のスキル維持研修にいっていました(留守にしていてスタッフにはご迷惑をおかけしています)。
DMATという災害派遣チームの統率をするための研修で、日本全国の、統率スキルを持ったDMAT隊員が一同にあつまっていました。
講義を受けた後に、東日本大震災のシチュエーションを用いて岩手・宮城の模擬統率を行い、その経験をみんなで共有し反省して今後の災害に活かすための訓練を行いました。実活動に基づいたシナリオは実際的で臨場感が伝わってきて、その中で各シチュエーションのテーブルごとにみんなで議論が交わされて、とても有意義で勉強になる二日間でした。高知も南海地震に襲われる可能性が高まっているところですので、この議論も災害時の体制作りに役立てたいと思います。

そして…受講名簿をみていたところ、なんだか見覚えのある名前が。
そうです、この研修でやっと初めて前橋赤十字病院の町田先生にお会いできました。

町田先生といえば、前橋赤十字病院の高度救命救急センタースタッフブログで有名な方で当方でリンクもさせていただいている先生。先日の学会では会えずじまいだった記憶があります。
でも今回の研修の最後には、なんと「ぐんまちゃん」をいただき写真を撮影させてもらいました光栄でした
CIMG30611.jpg

今度は9月1日に中国四国地方で大規模な災害訓練が予定されており、まずはこの研修成果をそこに活かさなければと思っています。

(おそらく)明日から高知県ドクターヘリに同乗する「ぐんまちゃん」とともに、四国の平和を守りたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2012/07/24 Tue. 22:20 [edit]

category: 救命救急スタッフ

TB: 0    CM: 0

24

りんりん♪ 

またまた現れました
CIMG3041.jpg
「朝からうるさいんですよ~」と救急外来の受付さんに頼まれ、見に行ったところ、彼がいました。
これは…イナゴかバッタの仲間でしょうか。すごく、外に出たがっている様子がわかるかと思います。
冷房の効いている病院内よりも、梅雨明けしたとはいえまだまだムシムシしている外の方がいいんでしょうね。

今日の高知は高知市内だけ雨が降ったり雷が鳴ったりで雲も低く、ヘリがまったく出動できない気候でした。
周囲の地域はけっこう晴れていたようですね
そのせいか、消防も一件、また一件とヘリ要請していただけたのですが出られず。ドクターカーで出ようとしても車で行くにはちょっと遠くて効果的ではなかったりしてキャンセル。
不完全燃焼なかんじでした。

もちろん、彼は捕まえて外にだしてあげましたよ。元気に野山にもどっていきました。

さぁ、週末は高知でJATECという標準外傷コースが開かれますので私も参加してきます
週明けには災害研修で、東京に出張です

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2012/07/20 Fri. 19:52 [edit]

category: 集う生命

TB: 0    CM: 0

20

いれかわった研修医への安全講習会 

先週から救命救急センターの研修医が入れ替わっています。
三ヶ月ごとのサイクルなので、はやいものです。
受け入れに際してヘリに近づいたり、あるいはOJTとしてヘリに同乗し病院前救護に参加したりすることもありますので、事前の安全講習会と航空医療に関する知識の習得などは欠かせません。
あたらしくできた格納庫で、時間の合間を縫って行う予定がたちました。疲れもみせず、あしどりも軽やかに講習に向かいます。
CIMG3029.jpg

ところが格納庫に近づいた瞬間に、ヘリ要請の電話が鳴ったようでした。
エンジンスタートがかかります杉本先生が目の前を走り去っていき、素早く乗り込みます。
CIMG3031.jpg

離陸していってしまいました。ダウンウォッシュをうけ、その風圧に倒れそうになりながらヘリを見送ります。
和やかな雰囲気もいっきに吹き飛んでしましました。
要請のあった室戸方面に、ショック状態の外傷患者さんがいるようです
CIMG3032.jpg
めまぐるしい出動風景にやや圧倒され気味の三人。救急外来にもどり受け入れ体制を整えつつ、次の講習の機会を狙う研修医達でした。
明日はかならず、やりましょうね

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2012/07/18 Wed. 00:49 [edit]

category: 救命救急スタッフ

TB: 0    CM: 0

18

DMAT野営訓練 

災害時に活躍するDMAT(ディーマット:災害時医療派遣チーム)ですが、当院でも備えております。
基幹災害医療センターであり、現在は入れ替わりがいろいろあったものの、合計で23人の隊員が登録されています。
本日は装備などを備蓄する倉庫の点検と整理を行いましたよ~。
救急外来の側にある倉庫は風通しが悪く、蒸し暑いところでの活動になりましたが、頑張ってきれいにしました

その後は引き続き、野営訓練
災害現場に派遣される場合には現地では、もちろん生活まで自己完結型。
去年の東日本大震災のときも、花巻空港までヘリで赴きましたがテント持参で行き、自給自足とまではいきませんでしたがそれに近い形での派遣形態をとることができていました。

実際の活動で災害現場に負担をかけないように、そのための訓練がこぢんまりと展開されました。
…といっても、今回は病院そばの官舎での芝生上でテント設営。慣れていないと設営も難しいので、ときどきはこのような医療以外の訓練も必要です
夕方になりかけたころ、テントそばで調理をしている横ではドクターヘリ要請がはいりエンジンに火がはいりプロペラが始動、フライトスタッフを乗せてすぐにどこか遠くに離陸していきました。
テントからみんなで手を振り、見送ります

ドクターヘリで災害派遣されることを想像しながら、野営訓練。夜半からしとしとと雨が降り、近所の野良猫がみゃあみゃあ泣いていましたが、疲れていた隊員達は、じき眠りにおちていきました
お疲れ様~☆
CIMG3018.jpg

Posted on 2012/07/16 Mon. 19:28 [edit]

category: 訓練

TB: 0    CM: 2

16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。