02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

前線通過 

低気圧とともに春の寒冷前線が通過し、厚い雲と激しい雨が県内を襲った朝のこと、山間部で大型トラックの滑落事故がありました。
地元の消防団員さんのお陰で救出されたその男性は、ひどく重傷で外傷集中治療の可能な高知市内への搬送が望まれました。救急要請そしてヘリ要請となり、雨で出動を制限されのんびりしていたフライトドクターとフライトナースの目が冴えたのはいうまでもありません。
今回は防災ヘリでの病院屋上ピックアップでの出動でした。
雲に覆われた山間部への進入はできず、海沿いの離着陸場からは消防の車で地上アプローチです。

蛇のように曲がりくねった谷間の狭い道を10分ほど奥に入ると…むこうから傷病者を乗せた救急車のランプが見え隠れしてきました。消防さんのお陰で、予想よりも早いランデブーです。

CIMG2610.jpg

救急車に乗り換えて傷病者に接触!
山道で揺れる救急車内で踏ん張って初療しながらヘリの待つ丘に引き返します。
意識は保たれているとはいえ多発肋骨骨折に肺挫傷・血気胸で、息が苦しい、と叫んでいます。おまけに下腿骨折が疑われる場所から出血が。開放性骨折といわれる状態です。

ここで判断しなければならないのが、搬送中の現場における緊急処置をどこまでするか、ということ
以下のことがアタマの中をぐるぐるめぐります。

・血気胸の量と重症度
・処置にかかる時間
・病院到着までの搬送にかかる時間
・屋外における処置の無菌操作をどこまで保てられるか

総合的に判断して、病院到着まで胸部外傷の状態は待てる、と決断し麻薬性鎮痛剤を使い、迅速な搬送をメインにもっていきました。
幸い、病院到着まで状態変化することなく搬送ができ、この方は両側胸腔ドレナージのうえ整形外科にお世話になることになりました。
みなさん、お世話になりました。
スポンサーサイト

Posted on 2012/03/31 Sat. 15:07 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 0

31

ドクヘリ内への珍入者 

ようやく温かくなってきましたね。
患者さん用のストレッチャーの上ですが、ふとみると、黒い点が動いている…?
CIMG2599.jpg
小さなカメムシさんでした。ハッチを開けている最中に入ってきてしまったのでしょう

給油で空港までヘリで一緒に空を飛び緊急搬送です。
CIMG2608.jpg
カメムシさんにとってはまたとない高度だったことでしょう。

そしてその間に下を見下ろしたところ、高知市内は田園の水がひかれてきらきらと反射していました。
CIMG2609.jpg

Posted on 2012/03/30 Fri. 08:03 [edit]

category: 集う生命

TB: 0    CM: 0

30

桜前線通過中 

高知県は桜が昨日から開花し始めています。
2012-03-28 14.44.39
高知の青空に桜が映えます

本日は、5月に予定されている高知県の災害訓練打ち合わせで、会場となる宿毛まで日帰りしてきました。
救急外来は朝からドクターヘリも防災ヘリも同時出場して忙しかったようですがごめんなさい

桜が咲く頃、すでに田んぼの水張りもはじまっていました。
2012-03-28 11.35.12
もうすぐ高知市内にもこんな感じで田んぼに水が入り、研修医や新人さんも病院に配置されます。春です。

Posted on 2012/03/28 Wed. 21:36 [edit]

category: 高知県

TB: 0    CM: 0

28

待ち焦がれたホイスト降下 

「ホイスト降下」って何でしょう?
それは防災ヘリが得意とする救助装置で、ワイヤを使用した吊り下げ・吊り上げを行うことで、ヘリが着陸できない現場において傷病者を救助する方法の一つです。

通常は消防防災航空隊の隊員がその役割を担うのですが、
高知県の場合はドクターヘリ導入前までは、この装置で航空隊と共に医師を降下させたりする試みをしていました。
傷病者に接触して初期治療を行うにはよい方法で、たとえば麓に下ろしてもらったドクターヘリから山道を1時間以上かけて登山して接触…なんてことは高知ではありませんでした。

山岳事故・伐採事故などで重傷を負った傷病者のもとに医師が下りて初期治療を開始しながら、ホバリングしているヘリ内に吊り上げて収容してそのまま病院屋上ヘリポートへ着陸し、直結エレベーターで救急外来に直接搬入
一切の無駄がないprehospital timeの流れ。

でもそれが本当にどの程度役に立っているのかが以前はよくわかりませんでした。
システムがなくなってから気づくこともあります。
各消防からのリクエストが多いのは、現場がこのシステムを欲しているからなのでしょう。

まだ訓練段階で、今日から再開したところです。
いつから実践できるかどうか、待ち焦がれている現場がそこにあります。
CIMG2591.jpg
駐機している防災ヘリ「りょうま」。扉の上についているのがホイスト装置です。

CIMG2592.jpg
伊尾木川上流の、本日の訓練の足場。

Posted on 2012/03/15 Thu. 18:00 [edit]

category: つれづれ日記

TB: 0    CM: 1

15

コンクリートが入りました 

本日は、朝早くから病院地上ヘリポートにコンクリートを入れていたようです。
晴れ渡っていたので乾くのも早いのでしょうか?
乾く前に記念の手形をいれたいところですが…近づかせてはもらえないでしょうね。

以下の写真は昨日撮影してきたCSさんより寄贈していただきました。
二階まで緩やかにつづく坂道。
DSC00541.jpg

コンクリート前の格納庫前より医療センターを望む
DSC00553.jpg
待ち遠しいです。

Posted on 2012/03/14 Wed. 17:38 [edit]

category: ヘリポート

TB: 0    CM: 0

14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。