04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 05

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

研修医のヘリ研修 

4月になり研修医が新しく来ています。
CIMG2642.jpg

いまのプログラムでは救命救急センターでの研修が必須になっています。それも三ヶ月間
その間にドクターヘリで搬送されてくる患者さんを研修医とともに受け入れることがあるため、屋上ヘリポートでストレッチャー搬出訓練を行います。実際に上に寝て患者さんの気持ちになることで、けっこう揺れることが実感でき、空の青さ、太陽のまぶしさも体感することになります
それとともに整備士さんから安全講習会を受けることになっており、1時間みっちり話を聞きます。

1週間前まで学生だった彼らが社会人としてスタートをきりました。その医者人生初めての仕事が救命救急センターさあ、どんな三ヶ月間が待ち受けているのでしょうか?
スポンサーサイト

Posted on 2012/04/09 Mon. 19:05 [edit]

category: きょうの研修医

TB: 1    CM: 0

09

救急救命士さんの日常と非日常 

当院の救命救急センターには、高知県下の救急救命士さんが研修や再教育実習で来られることがあります。
昨日は中芸消防さんから再教育研修で一日来られており、署長さんの許可も得ていましたので乗って頂きました。

先日の中芸消防さんの消防周りの際にアナウンスしていたのが効果的だったようです。
地上からみているだけのヘリ搬送と、同乗してその高さ、移動の早さ、搬送の流れを一緒に見て頂く搬送では全く異なる世界だったようです。

救急救命士さんにとって救急車の中は日常の仕事空間。でも私たちフライトクルーにとってみれば、ヘリ機内は日常の搬送空間。
とても貴重な体験となったようです。帰署した際には是非、その感想を広めてきてくださいね。
お疲れ様でした

CIMG2540.jpg

Posted on 2012/02/25 Sat. 07:21 [edit]

category: きょうの研修医

TB: 0    CM: 3

25

初フライト 

はじめまして、医療センター研修医の菅です。
昨日初めて、ドクターヘリに乗せて頂きました
ずっと乗りたいと思っていたので、昨日先生から声をかけて頂いたときは感激でした
徳島までの長めのフライトだったのですが、予想以上に快適で驚きました
今日はいい一日だったな~と思いながら夕方カルテを書いていると・・・気持ち悪い
1時間遅れくらいで乗り物酔いが・・・
昨日はそれからぐったりでしたが、ドクターヘリに乗る機会はめったになく、
全国の研修医でもなかなか経験できないことなので、本当にいい経験になりました
また機会があれば、是非乗りたいと思っています。

CIMG2538.jpg

Posted on 2012/02/24 Fri. 17:58 [edit]

category: きょうの研修医

TB: 0    CM: 0

24

研修医北村先生、初搭乗 

現在、高知医療センター救命救急科を研修させていただいている1年目の北村です。
昨日、ついにドクターヘリに乗らさせていただきました!!
DSC09155.jpg

研修が始まってまだ2週間ちょっとですが、ほぼ毎日のようにドクターヘリに乗って現場での処置を行いながら患者さんを搬入してくる先生方の後ろ姿を見ながら、実際の現場やドクターヘリの中ではどのようなことが行われているのだろうかと関心をもっておりましたので、この機会に勉強させていただきました。
昨日は、14時頃より天候が悪くなったため、出動機会は1回しかなかったのですが、仁淀川の山奥で待機している患者さんのところに行きました。ドクターヘリで20分ほど飛び1番近くのヘリポートまで行き、そこから救急車で20分くらい走ったところに患者さんがいらっしゃいました。患者さんに接触すると、全身の状態を確認し、ルートを確保し、必要と思われる処置を行った後、元の道を帰っていきました。初療に要した時間は15分くらいだったと思います。なので、要請から1時間半程度で初期治療を行った状態で医療センターに患者さんを運んだわけですが、搬送の途中に救急隊の方から聞いたところ、事故が起こった場所から近くの病院に運ぶとしたら、最低でも2時間はかかるだろうということでした。
高知は山間部が多く、また東西にも広いため、高知市内の3次救命救急センターに運ぶとなると、時間的面でドクターヘリの存在は大きく、これからの高知の医療の発展になくてはならない存在だと改めて感じました。
10月の頭まで救急の研修は続くので、また機会があればドクターヘリに乗らさせていただき、いろいろな症例を勉強していきたいと思いました。

DSC09156.jpg
患者が到着し、搬出に向かう北村先生の後ろ姿

Posted on 2011/07/27 Wed. 20:19 [edit]

category: きょうの研修医

TB: 0    CM: 0

27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。