10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

太陽の塔のもとまで 

大阪府吹田市の万博公園にまで行ってきました!
CIMG2485.jpg
ドクヘリと吹田市消防本部さんの救急車が仲良くならんだ右奥の遠くに見えるのが、かの有名な太陽の塔です。
大学病院から国立循環器病センターさんまでの転院でしたが、塔に見守られながら落ち着いた搬送ができました。

また、吹田市消防さんには事前調整から当日の周囲警戒まで、大変お世話になりました。
CS側からも、電話対応におけるそのテンポや気遣いなど対応の気持ちよさを見習っていきたいという意見を頂いております。
この公園はヘリの離発着場としてよく使用されているそうです。遠方からですが、今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト

Posted on 2012/01/18 Wed. 17:09 [edit]

category: きょうのCS

TB: 1    CM: 0

18

運航管理のお仕事 

ドクターヘリ運航には、ヘリポートと各消防の調整をしてくださるCS(communication specialist)という職種の方がいます。
なかなか聞き慣れないとは思いますが、
コードブルーでいうところの轟木聖子さん役の遊井亮子さんがその職種にあたります。
121991125578716121748.jpg
思い当たりましたか?

今日は四国航空さんのCSについて、吉田さんよりレクチャーですでは、どうぞ

当センター・ドクターヘリのCSは現操縦士・操縦士の有資格者・定期航空運送事業の運航管理担当者が従事しています。操縦士の方々でCSに従事されている方は、受託運航会社内で三年間以上の運航管理担当経験者がCSとして従事しています。
今、受託運航会社内において、将来CS従事希望者がいます。この方は女性です。一般募集で採用時運航管理を希望しました。まず必要な学科は、航空法・気象学、安全に航空機を飛行さすための航法学等を勉強します。社内で運航管理担当者により教育を受け、一年間の経験により運航管理担当補助者となり、運航管理担当補助者として二年間の経験により運航管理担当者となります。
ドクターヘリのCSで是非必要なのは、医療用語の把握です。受託運航会社では、当センターのドクターヘリCSとして従事するために、すでに他の救急医療センターで運航部門・医療部門の教育を受けて従事しています。救急医療機関での教育は複数の救命救急センターで経験を積みます。その後、当センターで実務訓練後、従事することになります。

…ということでお分かりでしょうか?
つまり、全く経験がなくても四国航空さんに入社して3年間の教育をうければCSになる資格が得られる、ということだそうです。その地域への精通も必要と思いますが高知が好きならばそんなことはなんでもないですね。

私たちと高知で一緒に仕事をしたいとお考えの方、CSはいかがですか??

Posted on 2011/08/24 Wed. 07:15 [edit]

category: きょうのCS

TB: 0    CM: 6

24

新人看護師に囲まれて 

新採用された看護師さんの場合、当院では現在、救命救急センターへの配属は最初ありません。
ただ、どんなことをやっているのか見てもらうために見学があります。
ここ数日、入れ替わり立ち替わり来られています。

今日はCS室にお邪魔です。
CIMG1513.jpg
新人看護師さんに囲まれる原Dさん

ヘリコプターの機体やその仕組みについて丁寧に教えていただきました。
将来のフライトナースがこの中から生まれることを望みます

Posted on 2011/07/14 Thu. 18:31 [edit]

category: きょうのCS

TB: 0    CM: 6

14

出動結果集計 

昨日6月14日の100回目の出動終了に関して、これまでの結果報告です

91日間で1.1回/日の出動でした。
症状別にはCS集計によると以下の通りです。
重篤 2件
重症 51件
中症 31件
軽症 3件
死亡 2件
その他 5件

100回の搬送を行って、やっとみえてきたものもあります。

現場出動が36件。まだまだ少ないように感じます。
患者搬送手段のひとつとしてのヘリコプター、といった使われ方が多いです。
もう一歩踏み込むことができれば、ドクターを現場に送り込むやり方になるのですが

そうする方策にできるよう、どうすればいいのか考えてきたいと思います。

Posted on 2011/06/15 Wed. 17:17 [edit]

category: きょうのCS

TB: 0    CM: 0

15

CSの貝さん 

CSさんは先日ご紹介したうっち-さんのほかにもまだまだいらっしゃるのですが、今日はCSの貝さんより投稿いただきましたのでご紹介。
ミッションの間にも、われわれの知らないところでいろいろなことを準備してくださっているのがてにとるようにわかりますね


CIMG1116.jpg

6月10日、梅雨前線が北上しいよいよ本格的梅雨に突入、明日、明後日にかけて梅雨前線が西日本に居座り、その前線上を低気圧が次々に通過し局地的な豪雨と雷の予報。

気象レーダーでは、早朝、鹿児島の西海岸にあった強いエコーが午後3頃時には、高知市まで悪天域の先鋒が迫り、医療センターで雨が降り始めた。操縦士とCSは、ドクターヘリの運航は難しくなってきたことから、夜間駐機先の高知空港に避難を決定しようとした矢先に・・・ドクターヘリ出動要請が掛かってきた。

どうしよう、幸いに出動要請は室戸方面、往きは良いけど帰りの天候が厳しい、まだ間に合うかな、間に合わなければ高知空港に目的地を変更し、それから病院車で搬送しようか。視程は10km、点在する低い雲1,000ft、患者さんが待っている、ギリギリの選択だけど戻れない場合の代替案も決めた、よし出動して貰おう!
救命救急に生きがいを持っているフライトドクターとフライトナースが急ぎ飛び出して行った。

出動要請があってから約5分後に離陸、現地には17分で到着、患者さんの到着を待って、初療を施しヘリに搬入、そして離陸。

療センターでの雨の強さは普通程度、引き続き視程は10km、点在する低い雲は1,000ft。見た目には悪くなって来ているが土佐湾の向こう側の土佐町が見え何となくホッとする。

操縦士は、安全のため海岸線に沿って飛行、飛行視程は地上視程よりも悪いとの事。
これ以上悪くなるようであれば、高知空港に着陸するように、また、高知空港事務所と消防防災航空隊には地上支援の要請と病院車の手配はできている旨を連絡。
暫くして、高知管制塔に管制圏横断の許可を要求しているのを無線で傍受。
医療センターには、雲の高さを気にして問い合わせてきている。
そうこうしている内にヘリが見え着陸。
患者さんを搬入し我々としては、一件落着。

後で患者さんの容態を聞いたところ、初期症状では厳しい事も考えられたけど幸いに生命へ影響を与える心配はないとか・・・患者さん、良かったですネ!

Posted on 2011/06/11 Sat. 15:52 [edit]

category: きょうのCS

TB: 0    CM: 0

11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。