04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

それいけ!ドクターヘリ

高知医療センターでの日々と思いを、アンパンマンと高知の写真と共に綴る高知ドクターヘリのブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

爆弾低気圧 

春の嵐が吹き荒れましたが、いかがお過ごしでしょうか?
昨日は横殴りの雨が一日中やまず、ヘリも開店休業状態で出動できず…、今日は天気はよかったものの気温は低く、強風が残りました。
このようなときは大抵、嵐が過ぎ去ったあとに皆さん活動開始されますので(高知県民は台風など天候が悪いときにはじ〜っと家で動かないのです)、事故が多くおこるのが常なのですが、今日はそのようなことはあまりなく、平和な一日でした。

明日は月曜日。
年度初めの忙しいさなかではありますが、天候も回復し、桜の花びらが散ってしまった高知県内は新緑の季節。新入生のように、いい色をしています
DSC_05135.png

明日はヘリ当番天候も安定するのではないでしょうか。どんな日になるのか楽しみです
スポンサーサイト

Posted on 2013/04/07 Sun. 21:30 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

07

冬至をすぎれば 

日没にさようなら、です。
CIMG3801.jpg

一昨日、冬至でした。
冬至というのは皆さんご存じの通り、一年のうちで昼間の時間がもっとも短い日のこと。
ドクターヘリの活動は日没までで終了しますので活動時間がもっとも制限されていたのですが、これからはどんどん太陽の沈む時刻が遅くなっていきます。
必然的に、日ごとにドクターヘリの活動可能時間帯が伸びる、ということになります。

消防のみなさん、よろしくお願いします

Posted on 2012/12/23 Sun. 17:02 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

23

秋を感じる安芸の河原 

土居河川敷のドクターヘリ
CIMG3198.jpg

代替え機なので後部ハッチにアンパンマンがみえませんが、秋を感じる風景でしたので救急車待ちの間に一枚。
風はだいぶそれらしくなってきたのですが、日差しはまだまだ強く、フライトナースのお肌には悪いようです。ヘリポートには日を遮るものがないので、救急車がくるまでの数分間、機内で待つことにしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted on 2012/10/05 Fri. 19:49 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

05

秋雨前線通過中 

雲が低かったですが、海沿いというのはわりと雲の隙間があったりして飛べることもあるんですよね。
CIMG3150.jpg

高知市内は天気が悪かったので、ドクターヘリにとっては困難な状況かと思いきや、西の方は良かったようで要請に応えることができました
最近は事故が多くて外傷症例ばかりです

高知市のすぐ近くでも、要請していただいていいです。西は仁淀川、東は物部(ものべ)川、北は高速道路を付近を目安にしています。
わりと、早い搬送ばかりが目について、本来の利点である医師が現場近くに行くことができるというところを生かしきれていない感じがすることがあります。ドクターヘリは動く初療室です。と言っても、我々は消防の要請なくしては動くことができません。
少しでも良い搬送に結びつきますように今後ともよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted on 2012/09/10 Mon. 19:51 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 4

10

雷雲とドクターヘリ 

CIMG3086.jpg

暑い夏が続いていますが、夏バテなどしていないでしょうか?
高知の海では積乱雲が発達して、毎日毎日、雷注意報が発令されています。夕方には急にぴかっと光ったと思いきや激しい雨に見舞われたりすることも。南国土佐らしい夏の気候ですね

では飛行中のドクターヘリに雷が落ちたら、どうなるのでしょうか?
そもそも、飛行しているヘリに雷がおちるのか?

四国航空さんに聞いたところ、ヘリにも雷はおちるようです。

ヘリコプターの4枚の羽根の先には、尖ったものがついていてローターの静電気を逃す役目を果たしているようですが、雷の電気を逃すほどではないということで、被雷した場合は機体としては計器が故障することもあるらしいです。
雷雲が近づいているようなときは離陸はさけるようにしていますし、飛んでいるときもそのような雲は避けて飛ぶようです。

この午前中に遠くに見えた積乱雲も、高知の焼け付く日差しでどんどん発達しそうな勢いでした。
今日はヘリ当番。
どうか雷が落ちないように、お願いします

Posted on 2012/08/17 Fri. 18:46 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

17

台風4号の進路 

昨夜は雨音を聞きながら寝入りました。ヘリもあまり飛べないし雨はあまり好きではないですが、しとしと音は嫌いではないです。

雨は小康状態ですが、台風4号の進路予想が気になります。
日本臨床救急医学会の行われている熊本では土砂降りみたいで、道路もあちこちで冠水しているとか。これも台風が近づいてあたたかい南風を送り込んできている影響でしょう。

進路としてはいまのところ20日(水)には高知直撃なるかも?といった具合のようです。
台風がぬけるまではこの雨、止みそうにありませんね。
ヘリは、といいますといまのところ雲が厚く格納庫にしまい込んであります。

私は明日はドクターヘリのフライト当番で、そのまま夜は救急外来当直になっています。静かな夜を望みます…。

Posted on 2012/06/16 Sat. 15:28 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

16

パノラマ オーシャンビュー 

室戸方面からの要請に応える道すがら、無線交信で必要な医療情報をとり終え一息ついたころ、ふとまわりを見渡すとこんな世界が広がっていました。
まっさおです。
CIMG2746.jpg

ドクター席から副操縦席を振り返ると、そこからみえる眺めももちろん、海。
陸の先は室戸岬でしょうか。
CIMG2749.jpg

室戸にむかう海岸線には、みっつの岬がみえるといいます
① 羽根(はね)岬
② 行当(ぎょうとう)岬
③ 室戸岬
これらが順番に現れてきます。高知市内からみえる室戸方面の岬は、室戸岬ではなかったんですね~。そして羽根岬をすぎるころには、室戸独特の海岸の地形がこれが室戸ジオパークです。
狭い海岸線から突如きりたった断崖の上に、室戸の街が見えてきます。
地震による隆起が室戸をつくってきたんですね。

そんな歴史と地形の変化をうっとりと眺めるOJTの西尾先生
CIMG2748.jpg
梅雨の合間の晴れ。海の上は紫外線が強いので日焼け止めもお忘れ無く

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted on 2012/06/14 Thu. 19:14 [edit]

category: 気象

TB: 1    CM: 3

14

薄曇りのむこう側 

金環日食から始まった朝、どのように過ごされましたか?
私は当直明けの朝でしたが、救急患者さんが搬送されてくるのを迎えに外にでたときは、ちょっと暗めの普通の曇り空で太陽がどこにあるのかも分かりませんでした

ほかのスタッフが、いいタイミングで撮影した写真はこれです。
IMGP17971.jpg
ちょうど、雲がフィルターになっててわかりやすいかも

Posted on 2012/05/21 Mon. 17:57 [edit]

category: 気象

TB: 1    CM: 3

21

お花畑。 

高知市内は昨日から煙霧(えんむ)で真っ白。ヘリの視程には差し支えない範囲だそうですが、なんだか冴えない感じ。せっかくの新緑をたのしむ季節なのに、煙っています。
なんでも、大陸からの大気汚染物質がこんなところにまで漂ってきているのだとか。

そこで、降り立った嶺北の引き継ぎ場所で黄色の花がたくさん咲いていましたので、準備終了後、救急車が来る1-2分の間に写真を一枚。ドクターヘリが向こうにたたずんでいます。
CIMG2693.jpg
手前にはシロツメクサ

そんな今日は、4件の要請で3件出動となりました。
そのうち、空港での給油中の要請が2件。もうすぐ、そんな無駄な時間がなくなり効率的な搬送ができる日が近づいています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted on 2012/05/10 Thu. 19:59 [edit]

category: 気象

TB: 1    CM: 2

10

土佐ブルー 

本日は凪(なぎ)。
太平洋では珍しく海は穏やかで、海のあおが綺麗でした。
空からみる海は、太陽に照らされて鏡のよう。
CIMG2663.jpg
深い蒼と、緑がかった碧。
CIMG2678.jpg

土佐ブルー、と勝手に命名してもいいでしょうか?
そしてみなさんの好みはどちらですか

Posted on 2012/04/17 Tue. 23:14 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 2

17

低い雲におおわれて出動 

高知りょうま空港周辺
CIMG2514.jpg

地上からみているとよく分からないのですが、
空からみると今日はこのように雲海に島が浮かんでいるような幻想的な風景が広がっていました。
寒い空気と暖かい空気の境目なのかもしれません。あまり視程がおちると飛べなくなってしまいます…。

フライトドクターが地上搬送についていってしまったので、給油中の2ndフライトドクターとして乗っていった眺めです。昨日は5件要請、4件出動となり気流も不安定だったのでまだアタマがふらついていました

などと思っていたら、山奥でろれつ困難の接触前要請が。救急車到着前にヘリが上空に到着しそうな雰囲気です。
フライトドクターはすでに戻ってきましたいってらっしゃーい。

Posted on 2012/02/05 Sun. 12:36 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

05

キンモクセイの香る瞬間 

当直明けでちょっとけだるい気分のままに帰宅途中、ふっと甘くて懐かしいような香りを感じました。
キンモクセイです。
2011-10-01 11.10.00
<いつもここらへんで香るのですが…どこに木があるのか確かめられずにいます。確かめないほうがいいのかも>

バイクだと一瞬しか漂いませんが、好きな香りです。
毎年、この香りが漂うようになると秋を感じるのは私だけでしょうか?
私の通勤路ではほかにも、香りを感じる場所がいくつかあります。

海にほど近い河口の、弘化台の川の橋を渡るときには潮のかおりが。満潮のときは潮の流れの影響でしょうか、とくに強いように思います。
春には九反田の桜並木のにおい。桜の色は夜のほうが映えますね。
それを過ぎて葉桜の季節になると、五台山近くのトンネルに入るあたりでは新緑の匂いがします。ミドリが眩しく感じます。

皆さんはどんなときに季節を感じますか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted on 2011/10/01 Sat. 12:12 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 4

01

あおいグラデーション 

台風15号の爪痕は、こんな素敵な海色をみせてくれました。
CIMG1773.jpg
物部川河口

手前の海深い蒼色から、くっきりとした境界をつくって碧色となり、海岸線沿いでは水色となっています。山を挟んで高知の空が続きます。

台風が去った後なのですが、昨日より風が強くなっています。
山から流れ出た土砂が河口に流れだし、このような境界を伴ったグラデーションが創られます。
海には浪頭がたっていました。
CIMG1770.jpg

太陽が照ると、きらきら輝くこんな感じの色も見ることができます。
CIMG1769.jpg

要請に応えて向かう緊張感の中、海の色で一息ついて落ち着くことができました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted on 2011/09/22 Thu. 12:26 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 2

22

高知上陸なるか? 

タラス君が昨夜から高知県土佐湾沖に停滞しています
当直中、いまかいまかと上陸を待ち焦がれていたのですが、やっと、といったところです。
でも台風の目はみえません…。
私は東北の出身なので、勢いのある台風はあまり遭遇したことがなかったんです。

昨日から風が強く、波も高いので警戒に当たっている消防・警備の方は怪我をしないようにしてください。
明け方には、4mの転落外傷の方が搬送されてきました。
急性硬膜外血腫といって頭に出血していますが厳重経過観察中です

台風が近づいてくると外傷患者さんがよく発生しますが、残念ながらヘリで迎えにいくことができません。
雨はなんとかなっても、乱れるような風には弱いのがヘリの特徴。
そんなときのためにドクターカーのFMRC(エフマーク)があるのですが、運転手不足のため夜間・土日は出動ができないんです。
CIMG1137.jpg

ドクターカーの運転手、なんとかなりませんかね…。

Posted on 2011/09/03 Sat. 08:54 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 4

03

さまようマーゴン、高知上陸せず 

台風6号(マーゴン)、高知まで上陸しませんでした。
まっすぐ進んでくると思いきや、くるっと進路を東に変えて和歌山方面へ。
高知県は台風の西側にはいってしまたので、1000mm以上の降水量を記録した馬路村や魚梁瀬(やなせ)もあるものの、高知市内は予想よりも被害が少なかったようです。

それもこれも、迷ってゆっくりすすむマーゴンのせい。

ヘリで現場にいったとき、どこまでどう処置をしようか、その病態や搬送の判断は本当にいいのか、など迷うことは多いのですが…、様々なことで迷ったとき、みなさんはどうされていますか?
以前の消防防災ヘリ“りょうま”の場合に現場にいくときは、「消防防災ヘリのドクターヘリ的活用」として、ほとんどの場合は医師ひとりで航空隊隊員とともに搭乗していました。それを始めた最初のころは、航空隊隊員が救急隊員あるいは救助隊出身とはいえ協働した活動はなかなか難しい…と思えるときもあったのですが、それは私の未熟さもあったのでしょう。回数を重ね隊員研修を繰り返すことでともに勉強しあって、ドクターヘリが導入される前にはだいぶ(おそらくお互いに)頼りになり、拠り所にさせてもらう関係となりました。

迷ったとき、同意して背中を押してくれる仲間がいる。
防災ヘリであれば航空隊隊員、
ドクターヘリならフライトドクターの背中を押してくれるのはフライトナースでしょうか。
ではマーゴンの場合は…?

しかも年度を越えての、その信頼の継続となると難しいですね。

Posted on 2011/07/19 Tue. 23:44 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 2

19

台風6号、高知接近 

向かってきています、台風6号「マーゴン」
高知県、足摺岬にぐぐっと進路を変えてくるようです。週末3連休を明けた頃には高知直撃でしょうか。
typ15.png

ドクターヘリはぎりぎりまで活動をつづける予定ですが、かなり大きいので吹き込む風で飛べなくなる前に、四国航空さんの格納庫、徳島まで避難することになります。
みなさんも気をつけてくださいね。

Posted on 2011/07/15 Fri. 17:51 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

15

テルテル坊主 feat.アンパンマン 

学会から帰ってきました。
3日ぶりの高知です。
ところが今晩は土砂降りで台風でもきたかのような横殴りの雨でした。

そんな天候ですから、帰りの飛行機はずいぶんと揺れていました。
けど、風などで悪天候のときのヘリコプターの揺れに比べたら、ぜんぜんましでした。

明後日はヘリ当番です。
それまでに晴れますように

テルテル坊主にアンパンマンを描いて吊るしてから就寝したいと思います。

Posted on 2011/06/11 Sat. 00:07 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

11

台風一過 

台風が過ぎ去り、きれいな青空が広がりました。

でも、強風は居残り、アンパンマンを右に左に、上に下に揺らされることとなりました。
お昼ご飯はやめておこう、と思っていましたが
それもたべる時間なく…
4件の搬送に、まだアタマがくらくらしています。

やさしい科長からはジャスミンティーの差し入れが
ほっと一息
これでまだまだいけるぞ、と思ったところで要請時間終了。

今日は病棟新人さんの歓迎会ですね

お先です~。

Posted on 2011/05/30 Mon. 18:41 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

30

台風2号 

天気がどんどん悪くなってきています。
「ソングダ-」という名前らしいですが、高知周辺には低い雲が垂れ込めています。

ドクターヘリといっても、ヘリはヘリなので、強風には弱いんです。
特に4枚あるハネはとっても繊細にできていて、微妙に調整されています。

台風のような強い風が吹くときは、できれば格納庫に入れる必要があります。

でも四国航空の格納庫は香川県の高松にあり、帰ることもままならなくなりました

困ってしまいました。

ちなみに、高知空港には高知県消防防災航空隊の格納庫があります。
そして、ただいま、消防防災ヘリ「りょうま」は定期点検中で不在。

…お願いしてみたところ、快く承諾していただけたそうです!
そういうことで、今日は「りょうま」の寝床にお世話になることになりました。
台風が過ぎ去るまで、居させて頂けるようです。ありがとございます

Posted on 2011/05/27 Fri. 17:17 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

27

綿毛 

2件の搬送終了後の給油中のひとコマ。
綿毛のついた花が空港にさきほこっていました。

この綿毛のように軽やかに空を舞いたいと思っています。
もっと要請していただけると、高知なりのいい医療が提供できるのではと考えています。

それはドクターヘリに限らず、防災ヘリでも同様。
ヘリは小回りがききますので、消防と付近の住民の皆さんが迷惑でなければ、あなたのすぐ近くに降りられます。

救急医療は現場から始まります。
CIMG1074.jpg

Posted on 2011/05/24 Tue. 16:50 [edit]

category: 気象

TB: 0    CM: 0

24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。